社員を知る

社員による会社紹介

社員による会社紹介集合1

一生懸命取り組めば、必ず得るものがある

柴田 大樹

柴田 大樹

システム開発部

2014年入社

柴田 窪田さんは、私が入社1年目の時に、社内の発表会で最優秀賞を受賞されました。その発表を聞いていたので、よく覚えています。

窪田 私はシステムの運用を担当していて、ふだんはお客様のもとで勤務しているので、他部門の人からすると、何をやっているのかわかりにくい面があるかもしれません。発表会では、自分たちが何をしているのか、わかりやすくプレゼンしたことが評価されました。

 これまでの仕事で、何か印象的なエピソードがあったら、教えてください。

窪田 担当しているお客様が別の企業と経営統合することになって、システムの運用部門としては1カ月の準備期間しかいただけないことがありました。

柴田 1カ月とは、短いですね。

窪田 メンバー間でのディスカッションやお客様との打ち合わせを密にして、増加する業務量を抑えつつ、既存業務も大幅な工数削減に成功しました。これほど大規模な受け入れは、初めての経験でした。

 私は入社1年目の時に、約3カ月間、週の半分くらいをお客様のオフィスに通い、クライアントPCの取り替え作業をした時のことが忘れられない思い出です。本来の仕事は手順書通りにセットアップするだけなのですが、お客様からシステムに関するさまざまな質問を受けました。お客様からすれば、入社年次など関係ありませんから、システムの専門家として見られるわけです。文系でしたから、知識も十分でなく、即答できないことも多かったのですが、調べられることは自分で調べて、誠実に回答するように心がけていたところ、お客様から「がんばっているね」と声をかけていただき、感激しました。

柴田 ちゃんと見てくれている人は、見てくれているのですね。私はシステム開発でプログラミングを担当していますが、グループの垣根を超えて隣のグループの仕事を手伝ったことが印象に残っています。私がふだん扱っている言語はjavaですが、隣のグループはPL/SQLという私にとっては未知の言語を使っていました。自分で必死に勉強してPL/SQLの扱いをマスターし、役割を果たすことができました。

窪田 仕事をしているとイレギュラーなことは必ずあって、その時にどう振る舞うかで、その後の成長も違ってくる。その時は大変ですが、一生懸命取り組めば、必ず得るものがあります。

社員による会社紹介集合2

コミュニケーションを大切にする会社

窪田 卓行

窪田 卓行

ネットワークシステム部

2011年入社

窪田 ところで、柴田さんは、トランスネットという会社の雰囲気をどう感じていますか?

柴田 一言で言えば、働きやすい会社。上下関係もあまり意識せず、気軽に話すことができます。

窪田 それはありますね。先輩や上司とフランクに話せる関係だと思います。関さんはどうですか?

 同じ部署に私を含めて同期が3人いて、それぞれ違う仕事をしていますが、それぞれの持つ知識が必要になることもあり、助け合っています。上司もよく声をかけてくれて、「何か困っていることはないか」と聞いてくれます。何か言えば必ず受け止めてもらえるので、相談しやすい環境です。ただ、一方で、居心地の良さに安住して、指示されたことだけやっていては成長できません。新しい知識を身につけることには貪欲でなければいけないと思っています。

柴田 プログラミングでも上司から「なぜこういうプログラムを書いたのか」と問われることがあります。プログラムに自分の意図や意思が明確に込められていることが大切です。

窪田 運用部門で大切なのは、お客様とのコミュニケーション。お客様が何に困っているのかを把握して、適切な対応を取る必要があります。仲間同士支え会う意味でも、お客様と会話する意味でも、トランスネットは、コミュニケーションを大事にしている会社といえるでしょう。

社員による会社紹介集合3

成長できるフィールドがある

関 朝美

関 朝美

ネットワークシステム部

2013年入社

 みなさん、休暇はどのように過ごされていますか。私は韓国にハマッていて、Kポップや辛い料理を堪能するために、何度もソウルに出かけています。連休に1日有給休暇を付け加えて、遊びに行くことが多いですね。

窪田 私も旅行が好きなのですが、あえて人があまり行かない所に出かけています。この前は1週間ほど休みをいただき、イランに行きました。世界遺産を見たり、現地のサッカーのリーグ戦を観戦したりしました。

柴田 私は国内派で、お二人とは違ってローカル線の旅が好きです。日帰りで車窓に映る田舎の景色をのんびりと楽しむ。ふだんPCと向き合う仕事なので、とても解放されます。

 通勤事情は? 私はあえて寮には入らず、学生時代から住み慣れた田園都市線に暮らしていますが、電車で1時間程度です。

窪田 私は小金井にある会社の寮に住んでいます。1棟借り上げのマンションです。私の職場では早番と遅番があり、日によって異なるのですが、遅番だと13時始業なので、通勤の混雑とは無縁。職場までは1時間程度です。

柴田 私は神奈川県大和市の実家から通っているので、通勤時間は1時間40分程度です。

窪田 運用部門は大きなシステム障害があれば別ですが、ふだんはあまり残業がありません。シフトの合う人と一緒に、終業後に野球観戦に行くなど、オフタイムも楽しく過ごしています。

柴田 システム開発の部門は、リリース前になると納期に間にあわせるために残業がありますが、定時で帰ることができる時は定時で帰っています。

 忙しい時とそうでない時がありますね。ふだんは19時前に退社、遅い時は22時くらいまで頑張ることもあります。働く時は働く、遊ぶ時は遊ぶという感じで、みなさんメリハリを付けて過ごしているように思います。失敗することもありますが、少々のことではへこたれないぞ、という気持ちで入ってくれば、トランスネットは自分を成長させてくれるフィールドが広がっている楽しい会社だと思います。

社員による会社紹介集合4


TOP